採 用 情 報


 日本は貿易国、その中でも国際港である東京、横浜、千葉港をかかえる京浜港をコアーとして、日本の文化生活を担い、優れた作業技術を発揮して、
船内作業・沿岸作業・青果作業・フォークリフト作業・構庫内作業を通して貢献して参ります。

 弊社は昭和31年9月に創業、中区北仲通の本社にて、総務・人事・経理などの管理部門を要し、横浜・東京・千葉の三支店の経理業務、福利厚生他、多岐に渡るを業務を統括しております。全社員に働きやすい環境を提供するべく、本社社員一同業務を行っております。


 船内部門では山下・本牧・大黒埠頭における貨物船で主に鋼材・車輌の輸出に係る荷役作業をクレーンで行い、革新部門では南本牧埠頭・青海埠頭におけるコンテナ船でコンテナの輸出入に関わる荷役作業をガントリークレーン、テナー、トレーラーヘッド等を使用して行っております。現場は日夜絶えずに稼働しており、横浜支店の主軸となっております。
 また沿岸部門では新山下・大黒・東扇島地区における倉庫でコンテナ内貨物の取扱いを行っており、手作業によるパレット積みやフォークオペレーターの仕事を行っております。
 各部門において熟練した技術と経験、知識を持ち合わせた仲間が日々作業しており、港湾における物流の一端を担っております。



 大井埠頭の食品青果倉庫でバナナ、シトラス、トロピカルフルーツ、ワイン、野菜などの食品貨物を主に入庫から出庫まで一貫作業を請け負い、コンテナデバン作業などの荷卸しや積み替え作業などの体力仕事から箱仕分け、品質選別や少量多品種のピッキング梱包などの繊細な仕事、それに伴うカウンターフォーク、リーチフォークのオペレーター仕事などを行っています。

 また、船内作業や沿岸荷役といった専門分野の業務も多く、日々資格者と未経験者、応援も含め協力会社と連携し港湾荷役業務を行っております。

 


千葉港区及び葛南港区において 船内荷役作業・沿岸荷役作業を行なっております。
取扱貨物として、H鋼 コイル 鉄板等の鋼材、並びに梁材 PC材 鉄骨、プラント、化成品 巻取紙 バラ貨物など多岐にわたります。
安全を第一に お客様に安心して貨物を任せて頂ける様、丁寧で良質な作業を日々目指しております。